<< 良くなっていく時、悪くなっていく時・・・ | main | 放送大学 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


税金

JUGEMテーマ:行政

川があり、橋が無い
自分は川向こうに行きたいが、船では時間もお金もかかる
他にも多くの人が同じように思っていた
そこで、同志でお金を集めて、橋を作ろうということになった
でも、川向こうに行きたいと思わなかった人達も、橋があればそれを使って行くだろう
では、皆からお金を預かって、それで橋を作ろう

これが税金、これが公共事業

つまり、お金を預けることによって、橋という公共財として戻ってくる

ドラマで
税務官は、「税金はとるものだ」という
窓辺太郎は、「税金は頂くものだ」という

別に、あげた訳ではないんだよ!

自分達が使う公共財を作る為に、自分達の安全を守る為に、
お金を預けて、公共財や安全を戻して貰っているだけ

単に視点を変えただけの話かもしれないが

税金を、
「人々があげたもの」、「人々から貰ったもの」・・・
更に言えば、
「人々があげるべきもの」、「人々から貰うべきもの」・・・
と思っている人達が多い様な気がする。

スポンサーサイト

  • 2015.01.02 Friday
  • -
  • 16:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM